男性更年期 男性更年期障害の症状は漢方で緩和できる?

男性更年期障害の治療薬、できれば漢方でゆるやかに対応したい方もいらっしゃるのではないでしょうか?漢方の種類や処方についてまとめました。

男性更年期治療における漢方のメリット・デメリット

近年東洋医学の人気が上がり、漢方での治療を選ぶ方も増えています。男性更年期治療においても例外ではありせん。男性更年期障害の治療は、「ホルモン補充療法」といって、薬で低下した男性ホルモンを補う方法が基本ですが、「漢方療法」を用いることもあります。特に前立腺に病気がある場合には、ホルモン補充治療のリスクが上がるため、漢方による治療にメリットがあります。一方で効果が現れるまでに2~3か月かかるデメリットもありますが、副作用もなく安心できるという漢方の良さは代えがたいものがあります。漢方は、人間が本来持っている自然治癒力を高め、体を整えることに重点に置いた伝統医学です。西洋医学では、検査の数値などから病名を確定し治療を行っていきますが、原因を特定できない症状には対応しきれない側面があります。漢方薬の場合、効き目はマイルドですが、ひとつの薬にいろいろな天然の有効成分が含まれているので、複数の症状にアプローチでき、慢性的や全身的な病気の治療に適しています。また、病気の一部分のみに注目するのではなく、患者の全身の状態や体質から、状況を見極めて治療していくため、西洋医学では原因が特定できない病気にも対応することができます。このため、更年期障害のような症状には、漢方療法が効果的なこともあります。植物、動物エキスから作られている漢方薬のメリットは、体への副作用の心配がないという点です。
また、西洋医学に比べてずっと古い歴史を持ち、何百年もの間に洗練されてきた漢方医学は、病気に強い体づくりに確かな効果があります。

治療に効果のある漢方一覧

男性更年期障害で処方される漢方は以下になります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 頭痛、めまい、耳鳴り、動悸
加味逍遙散(かみしょうようさん) 不眠、冷え、のぼせ、精神症状
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 頭痛、めまい、肩こり、排尿困難、頻尿、勃起障害、射精障
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
八味地黄丸(はちみじおうがん)
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつかきゆ)

漢方も病院で処方してもらおう

漢方専門の薬局も多くありますが、一旦病院で受診されてから病院で処方してもらうことをおすすめします。漢方薬も自分の体に合ったものを探すには技術や知識、経験が必要です。経済的な面だけを考えて判断するのであればリスクがあるかと思います。個々の更年期障害にはどんな漢方薬が適しているのか先生によく見極めてもらうことが重要です。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5539-6191