男性更年期 男性更年期障害の薬を徹底解説

男性の更年期障害、どんなお薬を処方して治療していくのか気になるところではないでしょうか?ホルモン補充薬だけではありません!詳しく解説していきます。

男性更年期障害の治療方法とは

男性更年期障害の症状は個人によって大きく違います。そのため、治療方法も個々によりさまざまです。また、女性の更年期が閉経前後数年間であるのに対して、男性の場合は30歳台後半から70歳と幅があります。それは男性ホルモンが、中年期から老年期にかけて徐々に低下するためです。男性更年期障害かどうかは医師によるカウンセリングから始められます。

【1】初診・カウンセリング

問診票を記載の上、症状をヒアリングしていきます。問診票に基づき、医師より現在の症状の確認とドックの説明をさせていただきます。

【2】男性力を検査する

テストステロンの量やその他必要な数値を検査によって測ります。症状だけからは、不安障害やうつ病に類似していますが、それらに対する治療だけでは男性更年期障害の症状は十分に良くならない可能性があります。男性更年期障害の診断には、その診断基準での判定や、ホルモン検査などの血液検査が必要となります。

【3】2回目・結果と診断

検査の結果を聞いて診察を行います。個々により治療、処方が異なります。男性ホルモンの分泌低下が判明すれば、男性ホルモンの補充療法が必要になります。

【4】治療

注射やサプリメント・内服薬処方になります。また、さまざまな症状に対して最適な治療を行い症状の軽減を図ります。

処方されるお薬一覧

基本的な治療は「男性ホルモンを増やす」治療法になりますが、その他皆様が抱える症状に合わせて幅広い治療法・処方が行われます。

ホルモン療法のお薬

テストステロンを上げるためのお薬・サプリメントになります。
例:アンドロゲンゲル エナルモン DHEAなど

ED(勃起障害)がある方

ED(勃起不全)の症状がある方に処方されます。
例:シアリス レビトラ

疲労・ほてり(ホットフラッシュ)がある方

胃腸の働きが低下していたり、疲労時に熱や汗が出るような方に効果的です。
例:捕中益湯

うつの症状がある方

うつの症状がある方に対して薬は処方されません。
※薬は出せません

睡眠障害がある方

メラトニンというホルモンは体内時計を調節し、睡眠と覚醒のサイクルをコントロールする働きがあります。年齢とともにメラトニンの分泌量は低下し、また、そのホルモンの働きも鈍くなります。このお薬はその依存性や禁断症状のため、イギリスでは1か月以内しか処方ができませんが、日本では無期限で服用している方が多いです。
例:メラトニン

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5539-6191