ED治療 EDについて

ED治療には、主に「薬剤による治療」と「機器による治療」があります。薬剤では一時的、機器では長期的な効果を期待できるのです。Dクリニック東京は、根治的な治療方法である「機器による治療」をおこなっております。持病で薬が飲めない方、薬の副作用が心配な方にもお受けいただける治療です。またED治療薬の処方もおこなっておりますのでEDでお悩みの方はお気軽に当院までご相談ください。

ED(勃起不全・勃起障害)とは

まずは、ED(勃起不全・勃起障害)について詳しくご説明いたします。

満足いく性交渉ができない状態

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で、男性の性機能障害の一種と言えます。具体的には「満足な性交渉ができない」状態のことで、主に下記の症状が現れることが多いです。

  • 男性器が十分な硬さにならない
  • 勃起を維持できない(中折れする)
  • 勃起しない
  • 満足な性交渉が完遂できない

なお、勃起するか不安、たまに勃起しないなど、患者様が勃起に満足できていない場合でもEDと言えるのです。また、EDはインポテンツとも呼ばれます。

日本人男性の4人に1人が悩んでいる

実は日本人男性の4人に1人がEDに悩んでいると言われています。それほど、男性にとってEDは身近に潜む問題なのです。

EDには「中等度ED(十分に勃起せず性交渉ができないときがある)」や「完全ED(勃起せずに性交渉ができない)」があります。中等度EDと完全EDを合わせると、日本全国で約1,130万人の男性がEDに悩んでいるのです。また、完全EDよりも中等度EDが多く、ほとんどの方が勃起はするけれど満足できていない状態といえます。

日本人男性の4人に1人がEDに 日本人男性の4人に1人がEDに

中折れもEDの一種

中折れは、挿入してから徐々に男性器が萎えていく状態のことです。挿入や射精自体はできるため、EDだと自覚していない方が多いですが、実はEDの中でも中折れが最も多い症状といわれています。なお、勃起の持続力が落ちてくることはEDの初期症状の一つです。

性欲減退がEDの引き金になることも

年齢を重ねることで、性欲自体が減少する場合があります。性欲は食欲と違い、なくても生命維持には支障がないため、加齢に伴い性欲が減退しても不思議ではないのです。性欲の減少がきっかけで勃起しづらくなるのは、仕方のないことといえるかもしれません。

EDは健康状態を表すバロメーター

EDは、身体的な原因で起こる場合があります。特に、加齢によって発症しやすい動脈硬化は、血管が十分に広がらず血液循環を悪くするためEDが起こりやすいのです。また、糖尿病や高血圧の方もEDになりやすいため、EDは健康状態を測るバロメーターといえます。

動脈の直径

治療専用機器や治療薬にて
EDは改善できる

EDは内服薬や専用の機器で治療ができます。内服薬は性行為の前に服用することで性行為中の勃起を持続させますが、ED治療専用機器はEDの原因に働きかけるため長期的な効果を期待できるのです。EDは多くの男性が抱える悩みのため、一人で悩まず気軽に病院やクリニックで相談しましょう。

EDの原因について

次に、EDの主な4つの原因について解説します。

1. 心因性ED(30代・40代に多い)

「心因性ED」は、精神的なストレスが原因で起こるEDです。ストレスによって性的興奮がペニスに伝わりにくくなるため、十分な勃起が得にくくなります。特に30代や40代などの若い男性に多く、仕事や夫婦関係などの日常生活での些細なストレスが引き金になることが多いです。また、性交渉がうまくいかなかったときのトラウマや、妊活中の排卵日を狙った性交渉(妊活のタイミング療法)など、あらゆる理由から心因性EDに繋がります。

2. 器質性ED(50代に多い)

「器質性ED」は、動脈硬化などの身体的なトラブルが原因で起こるEDです。動脈硬化は血管が硬くなることで、血管が十分に広がらない、血流が悪くなるといった症状を引き起こします。勃起は男性器の海綿体(スポンジ状の勃起性組織)に血液が流れ込むことで起こるため、動脈硬化によって血液の循環が悪くなるとEDを発症しやすくなるのです。特に、下記の病気や症状は動脈硬化を進めやすいといわれています。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症

また、下記の神経を障害する病気をお持ちの方は、性的興奮が神経を伝って陰茎までうまく届かず、EDを発症する可能性があります。

  • 脳腫瘍
  • 脳外傷
  • 脊髄損傷
  • パーキンソン病
  • アルツハイマー病 など

3. 混合性ED(50代・60代に多い)

「混合性ED」は、心因性EDと器質性EDを併発したEDです。精神的な問題だけが原因、身体的な問題だけが原因のEDに比べ、現在ではどちらの要因も合わさった混合性EDを発症する方が多いといえるでしょう。

心因性 13.1% 過度のストレス、緊張、不安、夫婦間のトラブル、うつ状態、性に対する罪悪感 器質性+混合型 86.9% 糖尿病、動脈硬化、高血圧、腎不全、脊髄の損傷、高脂血症、陰茎の異常、男性ホルモンの低下 心因性 13.1% 過度のストレス、緊張、不安、夫婦間のトラブル、うつ状態、性に対する罪悪感 器質性+混合型 86.9% 糖尿病、動脈硬化、高血圧、腎不全、脊髄の損傷、高脂血症、陰茎の異常、男性ホルモンの低下

4. 薬剤性ED(年齢関係なし)

薬の服用によってEDを発症することを「薬剤性ED」といいます。EDになる可能性のある薬は下記の通りです。

【中枢神経に働く薬剤】

  • 消炎鎮痛剤、解熱、抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬、抗けいれん薬、睡眠薬を含む向精神薬

【循環器系に働く薬剤】

  • 利尿剤、不整脈治療薬、降圧剤、高脂血症用剤、血管拡張剤

【末梢神経に働く薬剤】

  • 鎮けい薬、筋弛緩薬、抗コリン薬、麻酔薬

【消化管に働く薬剤】

  • 鎮けい薬、消化性潰瘍治療薬、抗コリン薬、麻酔薬

EDの治療方法・治療費用について

EDの治し方には、専用機器によるもの、治療薬によるものがあります。Dクリニック東京の治療法について詳しくお伝えいたします。

ED治療機器(レノーヴァ)

Dクリニック東京では、ED治療専用機器「レノーヴァ」を用いてED治療をおこなっております。レノーヴァは陰茎部・陰茎脚部に衝撃波を与え、血管生成を促す治療です。ED治療薬以外の治療方法として注目されており、EDの原因である血管の衰えや減少にアプローチするため、長期的な治療効果が期待できます。

< レノーヴァの治療費用 >

治療費用
初診
(医師の診察)
1回目
(レノーヴァ)
初診費

5,500円
(税込)

血液検査費

11,000円
(税込)

治療費

77,000円
(税込)

2回目
(レノーヴァ)
治療費

77,000円
(税込)

3回目
(レノーヴァ)
治療費

77,000円
(税込)

4回目
(レノーヴァ)
治療費

77,000円
(税込)

診察
(治療の1週間後)
再診費

5,500円
(税込)

合計 330,000円
(税込)

価格は税込みです。

自由診療のため保険適用外となります。

当院では現金またはクレジットカードにてお支払が可能です。

レノーヴァの詳細は下記のページをご確認ください。

ED治療薬
(バイアグラ・レビトラ・シアリス)

Dクリニック東京では、ED治療薬の処方もおこなっております。レノーヴァでの施術をおこなわなくでもまずはED治療薬を服用したいという方もお気軽にお問い合わせください。なお、当院で処方するED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類です。それぞれの薬は持続時間や硬さなどが異なるため、患者様が求める効果を比較して医師とご相談ください。

< ED治療薬の費用 >

ED治療薬 容量 価格
バイアグラ 50mg

1,650円/錠

バイアグラ
ジェネリック
(シルデナフィル)
50mg

990円/錠

レビトラジェネリック
(バルデナフィル)
20mg

1,980円/錠

シアリス 20mg

2,200円/錠

シアリスジェネリック
(タダラフィル)
20mg

1,540円/錠

価格は税込みです。

2錠ずつのお試しセットもご用意しております。

レビトラ、シアリス(ジェネリックを含む)は10㎎の取り扱いもしております。
詳細についてはクリニックにお問い合わせください 。

よくある質問

  • EDが治るきっかけはあるのでしょうか?

    ストレスが原因の心因性EDの場合、パートナーに話すことで克服できる可能性があります。また、オナニーだと問題なくても性行為では中折れしてしまう場合は、誤った方法でオナニーをしてしまい、実際の性行為ではうまくいかなくなっている可能性があります。この場合は、厚めのコンドームを使用してオナニーするなど、オナニーでの刺激を少なくしてみるのが効果的です。

  • 妻だけEDとはどういう状態でしょうか?

    妻だけEDとは、アダルトビデオやマスターベーションの際には勃起するけれど、妻にだけ勃起しない状況のことを指します。妻のことは家族としか思えない、女性としての魅力を感じないなど、様々な原因があるのです。夫婦間で話し合うことや、軽めのスキンシップを増やすことなども有効ですが、アダルトビデオやマスターベーションで勃起する場合は、ED治療薬の服用も改善方法の一つになります。

  • ED治療薬は通販やドラッグストアなどの市販でも購入できますか?

    ED治療薬は医師の処方が必要な薬です。そのため、市販では購入できません。個人輸入の通販サイトでED治療薬を販売していることがありますが、偽物が紛れている可能性もあるため購入は避けてください。重篤な副作用を引き起こす危険性があります。

  • EDはサプリメントで改善できますか?

    サプリメントの摂取では、EDを直接的に改善することはできません。EDかもしれないとお悩みの方は、まずは医療機関で相談するようにしてください。

  • ED治療薬にはジェネリック医薬品はありますか?

    Dクリニック東京においてもジェネリック医薬品をご用意しております。医師、スタッフにお気軽にご質問ください。

  • 心因性EDはどうすれば治りますか?

    心因性EDを治すには、まずは原因を突き止めることが重要です。その上でパートナーに素直に相談してみましょう。パートナーにEDについて打ち明けることが、心因性EDを解消するきっかけになる可能性があります。また、なかなか改善が見られない場合には、早めに泌尿器科などの病院やED治療を取り扱うクリニックを受診するのがおすすめです。

  • ED治療は保険適用になりますか?

    ED治療は保険適用となりません。あらかじめご了承ください。

  • EDは食事や筋トレでも改善されますか?

    EDは生活習慣が大きく関わっているため、食生活の改善や運動不足の解消は効果的だと考えられています。
    EDに効く運動には「スクワット」が挙げられます。スクワットは陰茎に血液を送り込む役割のある骨盤底筋を鍛えるため、勃起力アップに効果が見込まれるのです。
    また、EDに効く食べ物には「牡蠣」「豚肉」「チーズ」などの亜鉛が含まれる食材が挙げられます。亜鉛には男性ホルモン「テストステロン」の分泌をサポートする働きがあるのです。テストステロンは年齢とともに減少し、それに伴いEDになりやすくなるため、亜鉛の摂取はED改善に効果が期待できます。
    まずはご自身で対策してみて、改善がみられない場合にはクリニックに相談してみましょう。

  • EDは何科の病院に行けば良いですか?

    EDは泌尿器科またはED治療を取り扱うクリニックを受診すると良いでしょう。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5224-5551