男性更年期専門外来の奥義

男性力を高めるために、日常生活で気をつけること。

日常生活において、男性力を増強するためには、どんなことをすればいいのでしょう。診察をしているとよく聞かれます。私は、大きく分けて4つのことを提案しています。

まずは睡眠時間。具体的には1日6時間以上の睡眠を確保すること。2つめは、深酒やアルコールの飲み過ぎをやめ、アルコールフリーを飲んだり、休肝日をもうけたりすることです。3つめは、ストレスを溜め込まないようにすることです。仕事柄や家庭内で、どうしてもストレス過多になる場合は、自らで発散できることを見つけるのも大切です。
最後は、筋力トレーニング。テストステロンを増やすためにもっとも効果のあるのが、身体の中で一番大きな筋肉、大腿四頭筋とよばれる「太もも」の筋肉を増やすことです。そのために、スクワットを1日30回×3セットを行うようにアドバイスしています。

見た目は筋肉のようでも、年齡とともに脂肪に置き換わっている場合も多くあります。脂肪を身体にためこむと、テストステロンの分泌が減少してしまうので、筋トレとともに、こまめに体脂肪を計り日頃から筋肉量を意識することが大切です。目指すは20代の筋肉量です。

皆さんがよく誤解されているのが、ジョギングやウォーキングによる有酸素運動です。ジョギングやウォーキングには、テストステロンを高める効果はなく、30分以上行うと逆にテストステロンが減少してしまいます。やるなら自転車で坂道を走るなど、太ももに負荷をかけた無酸素運動が効果的です。

また、ご自身のテストステロンが多いか、少ないかを簡単に見分ける方法があります。それは、薬指の長さです。人差し指と比べて、テストステロンが多ければ、多いほど、薬指が長くなる傾向があります。人間は、胎児として母親の子宮内でテストステロンを浴びており、たくさんの量を吸収した人は、人差し指よりも薬指が長いという論文も発表されています。

日常生活でのちょっとした自己管理で、男性力を高めることができるので、明日からでもぜひ取り組んでみてください。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5539-6191